国力UPは国民力UP

福井新聞より転載


みなさんはどう思われますか?
「平等」には2通りあり、頑張った人が儲かる平等、一生懸命やったら褒められる平等。どちらかというと学校では後者を「平等」といい、経済社会では前者を「平等」と呼びますよね?格差社会がひどくなるのは前者で頑張ったら頑張った分儲かる。だからやる気が生まれる。頑張っても頑張らなくても賃金や待遇が変わらないなら頑張る意欲をなくす…よくわかる話です。

しかし、その格差によって次世代の教育格差が生まれるのはいかがなものでしょう?我々は日本国民としてこの国を背負い、次世代へと引き継ぎます。収入の格差が教育の格差や貧困を生んでしまうと課題大国日本を背負える若者がどんどん少なくなってしまいます。そういう意味で教育や給食、生活などの格差を極力減らすことを推進する動きは大切だと思います。

貧困の連鎖にならないようにみんなで関心をもって進めましょう。

外務省のHPでは 持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 と書かれています。

SDGsの中でもこの問題に取り組むだけで1番、2番、3番、4番、10番にあてはまるのではないでしょうか?グローバルな視点をもってローカルな活動を。自分の家族、職場、地域、学校、こんな現場がみえたら話し合ってみましょう。