福井の魅力を集めた「ふくのね」(福の音?)

p_20180927_2145512040377642.jpg

北陸新幹線が福井駅開業にいたるまで約5年。
「新幹線が来れば福井も潤うだろう・・・」とのんびり考えていると大変な事に。
全国いくつもの新幹線到着駅で発展していない街はたくさんあります。

福井の観光コンテンツに磨きをかけ、開業時にはお客様に福井で降りていただこう。そんな想いでJR西日本、福井市、福井商工会議所、福井観光コンベンションビューロー(順不同敬称略)他、多くのみなさんがしかけている「ふくのね」。勝手に想像するに「福井の音」という意味なのだろうか?

今回当社でも2つほどイベントを企画してみました。
1つは11月25日(日)福井新聞社1階、コスモポリタンカフェにて開催のコーヒーセミナーとランチ
自分オリジナルのブレンドコーヒーを作るワークショップとドリップコーヒーの淹れかたを習う講座。
お昼にお店のランチを頂き、食後に参加者が作ったオリジナルブレンドコーヒーを飲んで楽しむと言う物。

もう一つは12月9日(日)開催のそば打ち体験と製粉所見学
全国に福井の美味しい蕎麦を発送するカガセイフン。6代目になりさらにパワーアップして素晴らしい福井の蕎麦を全国にPRしています。そんな6代目に福井の蕎麦の魅力を教えてもらいながら製粉所を案内頂きます。石臼を手で回す体験などもしながら挽き立てのそば粉をもって福井駅ガレリア元町の越前蕎麦倶楽部にて手打ちそばを打ち、試食するというコース。

他にも福井の魅力が詰まった「ふくのね」は福井・永平寺編、大野・勝山編、坂井市・あわら編、丹南編、嶺南編と5つ。JR福井駅などで見ることができるようですが、「ふくのね」のHPも素晴らしいのでぜひ、ご覧ください。ぜひ、応援もかねてみなさんに参加していただけると幸いです。