自分たちの生活を向上させるために出来る事

前回のブログで住民が今まで以上にまちづくりに関心、参画していきているという記事を書いたのですが、行政のみなさんも頑張っております。お盆真っただ中、帰省客が福井を離れる前にとJR福井駅にて「ふるさと納税」の紹介を配ってました。
納税の利用方法も福井市のHPに掲載がありました。(コチラ

個人的にイメージする利用方法はふるさと納税を教育、福祉、介護、子育てなどの大きな枠で利用されることがベターと思っていますが、今の福井市の配分は、地区活動や若者活動のようです。これに関しては賛否あると思いますので今後も検討をお願いしたいです。

個人のスキルを上げ、充実を図る活動とまち全体の豊かさを向上させ生活向上を目指すのとどちらも大事ですよね。福井は大きすぎず、小さすぎず、広すぎず、狭すぎない適度なサイズの街かもしれません。関心を寄せあう事で摩擦も起きますが、未来の為にみんなで歩み寄りたい物です。